集中力は口にするもので決まる

コーヒーの正しい飲み方とは

みなさん、一度や二度は、眠気を覚ましたり集中力を回復させたりしようとコーヒーやエナジードリンクを飲んだことがあるのではないでしょうか?
確かに、どちらにも含まれているカフェインは認知能力の低下を防ぐ効果があるようです。
ただし、コツを知らずに飲んでいては、その効果を活かしていくことができません。

そのコツというのは、まず「飲む量」にあります。

コーヒーの場合は1日450mlくらい。
スターバックスのサイズでたとえると、グランデくらいですね。
エナジードリンクの場合は1日125mlくらい。
エナジードリンクの代表格であるレッドブルだとショート缶を一口ほど残すくらいです。

それ以上のカフェイン摂取は脳への刺激が過剰になり、ストレス過敏になってしまいますので、適量を飲むようにしましょう。
加えて、カフェインが効果を発揮し出すのは20~30分後なので、完全に眠くなってしまったり集中が途切れたりした後ではなく、少し回りして飲むと良いですね。

ちなみに、午後の眠くなってくる時間の前にヨーグルトを食べ、コーヒーを飲むということもオススメです。

なぜなら「ヨーグルトとコーヒー」を一緒に摂ることで、カフェインの効果が切れたときの体のだるさを回避することができるからです。
ブラックコーヒーを飲むと90~150分でカフェインの効果が切れてきますが、その際に身体がだるくなってしまうことがあります。
しかし、ヨーグルトなどの乳製品を合わせて摂ると、脂肪分がカフェインの吸収をおだやかにするため、だるさを感じにくくなるのです。

ヨーグルトとコーヒーの組み合わせは意外に感じる人も多いかと思いますが、試してみてはいかがでしょうか^ ^

 

コップ一杯の水で集中力UP

もう一つのコツは「水分補給」です。

脳の80%は水でできており、水を飲まないと集中力と記憶力が落ちるという研究報告はいくつもあります。
一つの例として、イースト・ロンドン大学とウエストミンスター大学の実験をご紹介します。
彼らは、知的な作業に集中する前に約0.5リットルの水を飲んだグループと、飲まなかったグループを比較するという実験を行いました。
すると、前者は後者に比べて、14%も反応速度が速くなるということを発見したのです。

もう少し細かく言うと、身体から2%の水分が失われると、集中力は一気に低下してしまいます。
「水はこまめに飲んだ方が良い」と夏場にはよく言われることですが、特に夏場の集中力の低下は、気温以上に水分不足に原因があるのです。
この水分不足による集中力の低下の影響は加齢とともに大きくなっていきますので、若い頃よりも頻繁に水分補給をするように心がけましょう。

では、この2%の水分の減少を防ぐためには、どれくらいの間隔で水分補給すれば良いのか。
それは、1~2時間にコップ1杯ほどの水を飲むことが目安になります。

あまり席を立つことができない人であればデスクの近くにペットボトルを置いたり、営業で外回りが多い人であればペットボトルを持ち歩くなどして、定期的な水分補給を心掛けましょう。

このようにして集中力の低下を防ぐことで、あなたの作業効率も持続していきますし、投資をされている方はより繊細な取引が可能となるため、勝率も上がることでしょう。
是非皆さんも実践してみてくださいね^ ^