ボリンジャーバンドの真の意味とは

ボリンジャーバンドが示していることとは

投資家がチャートを見ようと思ったとき、インディケータを使用するのが一般的である。
その際に多くの人がボリンジャーバンドを使っているだろう。
ジョン・ボリンジャー氏が開発したこのインディケータはもはや投資家にとって必須のものとなっている。

そのボリンジャーバンドが一体なにを示しているのか、みなさんはきちんと理解しているだろうか。

ボリンジャーバンドが示しているのは大きく2つある。

1つは「トレンド」つまり、相場の方向性だ。
もう1つは「ボラティリティー」つまり、価格変動率(値動きの振れ幅)のことである。

さらに、よく知られているのがボリンジャーバンドと標準偏差の関係であろう。
つまり、値動きが統計の理論通り、または規則正しく推移すればローソク足の終値はそれぞれ1σ~3σに定められた割合の中で推移するということであり、その割合が以下の通りである。

◉±1σのとき68.26%
◉±2σのとき95.44%
◉±3σのとき99.74%

もっと詳しく理解したい方は👇の動画をご覧ください。ボリンジャーバンドの基本設定となる数値も収録してあります。

 

ボリンジャーバンドは逆張りの指標なのか

さて、この標準偏差を見たとき、あなたはボリンジャーバンドを順張りの指標として利用しますか?それとも逆張りの指標として利用しますか?

ローソク足の終値の95.44%が±2σのバンド内に、99.74%が±3σのバンド内に収まるという関係から、多くの人はボリンジャーバンドを逆張りの指標だと判断してしまうことが多いようです。
しかし、そこに大きな勘違いがあります。ボリンジャーバンドを単なる逆張りの指標にしてしまうと痛い目をみることになるんです。

僕も最初は「±3σのバンドを超えて確定したから、さすがに次は反発するだろう!」って思って逆張りでエントリーかけていましたので、その気持ちは痛いほどよくわかりますw
しかし、実際はバンドに到達してからトレンドが加速するケースもあるんですよね。

したがって、ボリンジャーバンドは逆張りオンリーと認識するのではなく、チャートとバンドの位置関係を考察して、順張りでエントリーするのか、それとも逆張りエントリーなのかを判断すべきなんです。

いままでボリンジャーバンドを表面的にしか認識していなかった方がいらっしゃれば、これを機にボリンジャーバンドの本質について考えてくださいね^ ^

この内容については👇の動画で実際のチャートを載せながら説明しています。ご覧ください。