「取り返したい」が持つ二面性

あなたのお金がゼロからマイナスになることや、プラスがゼロになることなど、お金が減るとある気持ちが出てきませんか。

そう、それは「取り返したい!」という感情です。

失った金額やその人の性格によっても、想いの強さは変わってくるでしょうが、取り返したいという感情が全く芽生えないなんて人はいないと思います。
実はこの「取り返したい」は、ビジネスの世界においてはあなたの強い味方にもなれば、あなたを貶める嫌な奴にもなるのです。

 

自己投資においては最強の味方

まずはあなたの味方になるケースから紹介します。

それはあなたが自己投資をしたときです。

コンサルティングでも情報商材でも結構ですが、あなたが学ぼうと思ったときには数十万からときには数百万円を支払います。
多くの人にとってそのお金というのは、悩まずポンっと出せるような額ではないはずです。なんとかお金を工面して支払う人も多いでしょう。
しかし、そうして自己投資をする人ほど、成功する可能性は高くなります。

というのも、自己投資の費用を苦労して準備した人ほど「取り返したい」という想いが強くなるからです。

この気持ちが強ければ強いほどあなたは頑張れるのです。

スポーツや勉強、様々な仕事と同様に、稼ぐためにビジネスを学ぼうと思ったら、必ずどこかで壁にぶち当たります。
そのときに簡単に挫けてしまうか、粘り強く取り組んで壁を乗り越えられるかどうかがあなたの運命の分かれ道であり、そこで背中を押してくれる強い味方が「取り返したい」気持ちなんです。

あなたが本気で稼ぎたいと思うなら、自己投資のときに現れる「取り返したい」を強い味方にしましょう。

投資においては最恐の敵

自己投資をするときには最強の味方になってくれる「取り返したい」気持ちですが、投資では一転、あなたに牙をむいてきます。

投資ではマインドが大事だと前回のブログでお伝えしました。

バイナリーオプションで勝つためにはあなたが冷静でいることが絶対不可欠ですが、たとえば以下の場合でもあなたは冷静でいることができるでしょうか?

ケース1
メンターから1日のエントリーは5回以内に抑えるように指示されていたが、5回のエントリーで1勝4敗と大きく負け越してしまった。その直後に、なんとも勝てそうなエントリーポイントが現れた。

ケース2
たった30分で連戦連勝して、40万円の利益を出した。

両方のケースで、あなたはその後もエントリーをしますか?
多くの人は我慢ができないはずです。
もし我慢できずにエントリーした場合、どうなるかを以下でお話しします。

ケース1
6回目のエントリーをした結果👉その後に現れるエントリーポイントも勝てそうに見えてしまい、7回、8回とエントリーを重ねて、さらに大きく負け越してしまった。

ケース2
その後も勝ち続けられると思いエントリーした結果👉ものの10分で40万円から10万円に利益が減った。また40万円に戻すべくエントリーを繰り返し、最後には20万円の損失を抱えることとなってしまった。

勘の良い方はもうお気づきですね。
これは全て僕自身の体験談であり、多くの人が陥りがちな失敗です。

これこそが「取り返したい」があなたに牙をむく瞬間なのです。
この気持ちが強くなった状態で取引を続けていると、あなたはどんどんギャンブルの闇に飲み込まれていくでしょう。
そうなってしまうと驚くほど速いスピードで損失を抱えることになります。

「取り返したい」はまさに最恐の敵だということがおわかりいただけたかと思います。

なので、あなたが投資で勝ち続けたければ、この感情が現れた瞬間に取引を止める、という強い気持ちを持つことが大切ですね^ ^