節約をしないことこそが貧乏脱出のカギ!

お金に余裕がない。

そう感じたとき、みなさんならどんな行動をとりますか?

多くの人はおそらく節約をしようとするでしょう。
なかには消費者金融からお金を借りて補てんしようとする人もいらっしゃるかもしれませんね。
(もちろん僕としては、その選択はすぐに止めることをオススメしますが。)

しかし、この一見最善の努力に思える節約という行為が本当に正しいのか、少し考えていきたいと思います。

貯金をつくるために節約しまくっていた学生時代

実は、昔の僕は貯金が大好きでした。

将来は大きい家に住みたい!

高校生からそんな夢を持っていた僕は、大学生になってアルバイトをはじめてからというもの、常にお金を貯める努力をしていました。
学校に通いながらなのでせいぜい月に5~6万円程度のアルバイト料しかありませんでしたが、コツコツコツコツ貯めていたのを覚えています。

たった5~6万円のアルバイト代からケータイ代やガソリン代を支払い、残ったお金から食費や交際費に充てる。
ほとんど遊ばずに節約を頑張った月には3万円程度を貯めることもできていました。

もちろん最初の1年間くらいは貯金ができている自分を褒めていましたし、満足感もありました。
しかし、節約生活から1年半くらい経った頃からひとつの疑問というか不満を感じるようになったのです。

「1年半ずっと節約してきてやっと30万円か。美味しいものも控えて、みんなのように旅行や飲み会にもほとんど行かずに貯めたのにこれだけなのか。」

そう、大学生がする遊びを我慢して過ごしてきたのに、その我慢に見合うほどの貯金額になっていなかったんです。

節約できる額には限度があることを知った

そんな気持ちを解消できないままも節約生活を送っていた僕に、あるとき転機が訪れます。
それが、1ヶ月間の期間限定で行われるプロ野球春季キャンプのアルバイトだったのでした。

ほとんど休みなく出勤したところ、なんと給与は18万円を超えていました。

それだけの月給が入ったので、その月は買いたいものや食べたいものを我慢せずに生活しましたが、10万円以上のお金を貯金することができたのです。
そこで僕はあることに気付くわけです。

「収入が上がれば我慢しなくてもお金って貯まるんだ!」

◉月収5~6万円のアルバイト:どんなにがんばっても3万円貯められれば良い方
◉月収18万円のアルバイト:節約せず自由に使っても10万円以上貯まった

つまり、どんなに節約しようとも、入ってくるお金が少なければ貯金額はほとんど変わらないということに気付いたのです。

 

節約から収入アップへの思考の転換

実はそこにこそ、貧乏を脱出するためのカギがあったんです。

多くの人はどうやって節約しようかと頭を悩ませています。
その行為自体は非常に良いことだと思います。
それで満足のいく生活と貯蓄や資産があれば十分でしょう。

しかし、節約する以上に大事なことは収入を増やすことなんです。

非常に単純なことなんですが、ここに気付いて行動できるかが大きなカギですね。
日本人はキャリアアップのための転職や副業を良しとしてこない文化が確か存在しました。
そういった背景から、一度職に就いてからはその職場以外で収入を得ようとしない人も多くいます。

けれどいまは、キャリアアップのための転職も、副業により収入を増やすことも、やっていいんです!

最近では大手企業が次々と副業解禁の方針を打ち出しました。
社会も副業を認めはじめた現代で、あとはみなさんが気付き、行動できるかです。

「節約しよう!」から「収入を増やそう!」という考えにシフトし、行動できた人がこの先の貧困からいち早く抜け出せるでしょう。